検索
  • 東京センタークリニックスタッフ

企業の方々への出張PCR検査も可能です

最終更新: 7月21日

東京センタークリニックでは、唾液による新型コロナウイルスPCR検査を、無症状の方々を対象に実施します。 経済活動や社会活動の再開、海外渡航などの事情により新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査を受けたくても受けられず、お困りの方や企業も多いかと思います。 保険診療では、感染が疑わしい場合のみに実施可能であり、社会的に必要な方々は検査できませんでした。 また、PCR検査では、鼻腔・咽頭拭い液を採取するため、検査に痛みを伴うことや採取の際の飛沫拡散リスクがありました。 しかし、唾液を検体として用いることで、検体採取時の飛沫拡散リスクを軽減することができます。

この検査は自費診療になりますので費用や詳細は直接下記までお問合せ下さい。

担当者①:080-3608₋2204

担当者②:080-3690-2453

43回の閲覧

最新記事

すべて表示

企業向け出張PCR検査について

連絡先:080-3608-2204、080-3690-2453 経済活動、社会活動の再開に伴って安全な企業活動の再開や、海外事業、渡航のためPCR検査の結果が必要な方々がいらっしゃると思います。 「いま、私たちにできること」と思い、当院ではそのような企業、団体の方々に自費診療としてのPCR検査を実施しています。 ご要望に沿うような形で柔軟かつ迅速に対応しております。 宜しくお願い致します。

抗体検査の特徴と有用性

抗体検査の最大の特徴は「陰性ならば陰性」ということです。陽性であっても、当初言われていたようなパスポート的な意見には異論が多いのが現状です。つまり抗体陽性だからといって感染しないわけではありません。でも「陰性は陰性」です。検査を実施した時点で感染していない可能性が高いです。そこを起点としてまた予防対策をしていく。そしてまたある時点で抗体検査をして陰性を確認する。ワクチンができるまでは一定期間ごとに

唾液によるPCR検査が可能になります。

新型コロナウイルス抗体検査の結果が陰性であっても陽性であっても、現時点で新型コロナウイルスにかかっているのかというのはわからず、特に陽性の結果が出た方々からは「今は大丈夫なんでしょうか?」や「仕事を休んでしばらく自宅で自粛したほうがいいのか?」などの不安が多く聴かれるようになりました。そのような方々の不安を少しでも取り除けるよう、抗体検査後のフォロー体制として唾液によるPCR検査を自費診療で開始す

 

東京都中央区八重洲1丁目1−8
八重洲KTビル3F

©2020 医療法人知正会 東京センタークリニック